カスタマイズ

【サイズ別】スイフトスポーツの夏タイヤ ランキング!【195/45/R17】

性能を求めるか安さを求めるか

スイフトスポーツ(ZC33S)のサイズ別夏タイヤ~195/45/R17編~

どうもどうも!

実はスイフトスポーツ(ZC33S)の運転が楽しくて峠道を走り回っていたら純正タイヤがもう無くなりそうです(笑)

走行距離はまだ5000キロ程度なのですがほぼ常時タイトな峠道を走っていることもあってフロントタイヤのスリップサインがもうあとちょっとの位置まで出てきています。

ただ私の地域は降雪地帯ですのでもうすぐスタッドレスに交換することもあり、夏タイヤの交換自体は来シーズンの初めでいけそうです。つまりボーナスの使い道は決まってしまったわけですが…(笑)

そんな状況ですので今から次の夏タイヤを探しています。

今履いてるホイールのリム幅が7Jですので次のタイヤは205/45/R17にしようと考えていますが、純正タイヤと同じ195/45/R17でも気に入ったタイヤがあれば選ぼうと思っています。

では個人的に注目しているタイヤランキングです!

今回は純正と同じサイズの195/45/R17のご紹介です。

どうぞ!

スイフトスポーツでオススメの夏タイヤ【195/45/R17】

まずはスイフトスポーツ(ZC33S)の純正タイヤと同じサイズである195/45/R17のご紹介からです。

純正ホイールをメインとして使うならばここから選ぶことになるかと思いますので参考にしてみてください。

※なおこのランキングではメーカーのアピールはモチロンですが、実際に使用したオーナーさんのレビューや口コミ等から総合的に判断した独自の物ですので、メーカーのアピールしているものとは多少異なると思います。しかし私は売り手より買った人の声の方が信用できると思っているのでその辺りをご了承の上読んでください。

【1位】POTENZA Adrenalin RE003

価格★★★・・
ドライ性能
★★★★・
ウェット性能
★★★★・
走行安定性★★★★・
耐摩耗性能★★★・・
静粛性★★★★・
燃費性能★★・・・

ブリヂストンのポテンザアドレナリンRE003は所謂カジュアルスポーツタイヤでグリップ力に優れています。

サーキットを走る方はポテンザと言えばRE-71RやS007A等の「それもう殆どSタイヤじゃんw」ってタイヤをイメージされるかと思いますが、RE003はそんなポテンザシリーズのエントリーモデルと言えます。先代の001よりも20%近く安くなっているのもポイントですね。

またタイヤ剛性も高く、ハンドリングを損なわないのも長所の一つです。

ただカジュアルとは言えスポーツタイヤだけあって燃費性能や静粛性はあまり優れてはいません。また耐摩耗性も低いので結果的に値段以上に高くはつきそうです。

ですのでポテンザRE003は「静粛性や燃費よりもとにかく楽しく、速く走りたい!」ってオーナーにおすすめです。モチロン私もその一人です(笑)

サマータイヤ 195/45R17 81W ブリヂストン ポテンザ アドレナリン RE003 BRIDGESTONE POTENZA Adrenalin RE003

【2位】YOKOHAMA ADVAN FLEVA V701 

価格★★★★★
ドライ性能
★★★★★
ウェット性能
★★★★★
走行安定性★★★・・
耐摩耗性能★★★★・
静粛性★★★★・
燃費性能★★★★・

ヨコハマのアドヴァンフレヴァV701はオールマイティーなカジュアルスポーツタイヤです。そしてアドヴァンフレヴァV701で特筆すべきはハイグリップタイヤでありながら転がり抵抗を限りなく抑えていることです。

転がり抵抗が少ないということは静粛性と燃費性能と耐摩耗性能に優れているということです。しかし本来グリップ力と転がり抵抗の低減は両立しにくいものです。

その秘密はアドヴァンフレヴァV701はゴムの発熱をコントロールすることによってグリップ力の少ないシーンでは転がり抵抗を抑えるように作られています。

逆にコーナリング中やブレーキング中などのグリップ力が求められる場面では積極的に発熱することでグリップ力を引き出してくれます。

減りにくく燃費性能も静粛性もグリップ性能も…そんな夢のようなタイヤがアドヴァンフレヴァV701なのです!

とまぁ良い事ばっかりいいましたがオールマイティであるということは逆に言えば「中途半端」になりえるとも言えます。例えばタイヤ自体の剛性(変形しにくさ)などはポテンザと比べても低いようです。

そのあたりは自分がどこまでのグリップ性能を求めるかで変わってきますので普段の使い方と要相談ですね。

まとめるとヨコハマ アドヴァンフレヴァV701は「燃費も静粛性も耐摩耗性も捨てたくない!」「たまに気持ちよく車を走らせてみたいけど、グリップはそこそこで良い」というオーナーにおすすめと言えますね!

ADVAN FLEVA V701☆195/45R17 85W

【3位】コンチネンタル ContiSportContact 5 

価格★・・・・
ドライ性能
★★★★・
ウェット性能
★★★★★
走行安定性★★★★・
耐摩耗性能★★・・・
静粛性★★・・・
燃費性能★★・・・

最後はスイフトスポーツ(ZC33S)が純正で履いているコンチネンタル コンチスポーツコンタクト5です。このタイヤは私が実際に使用して使い切りそうなので主観が多めで評価しています。

その影響か若干辛口になっています(笑)

このタイヤはポテンザRE003と同じくコンチネンタルのスポーツタイヤの中ではミドルクラスの性能をしています。つまりカジュアルスポーツタイヤですね。

実際に峠道を走り続けて感じたのは安定感が非常に高いですね。剛性が高いのか高速域でもタイヤのたわみやハンドリングのブレは感じられませんでした。

さらに特筆すべきはそのグリップ性能ですね!

十分にミゾがある間はブレーキングやコーナーでもグリップに不安感を感じるようなことは全くありませんでした。タイヤの絶対性能としてはかなり高いです。

一方でスポーツタイヤの宿命というか、タイヤの摩耗はかなり激しい印象を受けます。私が峠道を走り続けているのを差し引いても耐摩耗性が低いように感じました。

更にグリップ力の落ち方が結構急激でした。

「スリップサインが近づいてきたな~」と思ったら普段と同じタイトコーナーで少しだけズルズルっときて焦りました…(笑)

そこからは普通にゆっくり運転する分には大丈夫ですが、峠道では怖くてあまり踏んだり速めにコーナーに突っ込んだりはできないのでスポーツタイヤとしての寿命はスリップサイン以上に短いかもしれません。

また値段も高めですので実質的な値段で言うとかなり割高な気がします。そういった意味で価格の項目は★一つにしています。

ですのでコンチスポーツコンタクト5は

短い寿命でもいいからハイグリップを楽しみたい、デザインが気に入っている、逆にあまりハイペースでタイヤが減らない使用をしていたり乗り方をするオーナーの方におススメですね!

あと純正装着タイヤですのでディーラーに任せられるのもメリットかもしれません。

ただ正直よっぽどのこだわりがない限りはポテンザ003かアドヴァン701の方がオススメできると思います。

【2018年製】195/45R17 81W【コンチネンタル コンチ スポーツ コンタクト 5】【CONTINENTAL Conti Sport Contact 5 CSC5】【新品】

タイヤ交換を安く済ませるテクニック!

以上ここまで私が検討中で皆さまにもオススメできそうなタイヤを紹介してきましたが?

個人的にはヨコハマのADVAN FLEVA V701が無難に誰にでもお勧めできるタイヤかなぁと感じました。ポテンザはグリップ思考の人にオススメしたいですね。

コンチネンタルは私はちょっと辛口に話しましたがかなりハイグリップでしたし決して悪いタイヤではありませんでした。

ただこれから皆さんもスタッドレスに交換してその後は夏タイヤに戻すでしょうし、せっかくならそのタイミングで違う銘柄のタイヤにしてみても面白いかもしれませんね!v( ̄Д ̄)v 

ところで皆さんはタイヤを変える時はディーラーに丸投げしていませんか?

もしそうならかなり損しているかもしれません。

私はタイヤ交換はかならずオートウェイ等のインターネット通販で購入して自宅に送ってもらい、ディーラーやタイヤ屋さんに工賃を払ってタイヤの組み換えをしてもらっています。

なぜなら私が前車で最後に行ったタイヤ交換の時は工賃を含めても4万円も安くなったからです!

面倒そう…と思われる方もおられるかもしれませんが、実際は今回紹介したタイヤを通販で買って自分でディーラーやタイヤ屋さんに持っていき、渡すだけです。

たったそれだけで私の場合4万円ですよ?私のような庶民は通販で買わない理由がありません(笑)

注意点としては必ず購入前に

  • 同じ銘柄に変えたらいくらか
  • 持ち込み交換は可能かどうか
  • 工賃はいくらか

だけディーラーや車屋さんに聞いておきます。

そして工賃+ネット通販タイヤの値段よりディーラー販売のタイヤの方が高かったら迷うことなく通販で買って持ち込み交換してもらいましょう。

これだけ気を付けておけばかなりの高確率で安くタイヤを交換することができますよ!

ちなみに私のオススメタイヤ通販会社は絶対オートウェイです!

今まで配送トラブルも一回もありませんでしたし、何より滅茶苦茶安く済むので愛用させてもらってますv( ̄Д ̄)v 

スイフトスポーツ(ZC33S)などのスポーツカーはタイヤの減りが速いのでタイヤだけでも通販を賢く利用してランニングコストを抑えて気にすることなく楽しくドライブしちゃいましょう!

あなたの愛車の値段を調べてみませんか?

①今乗ってる車っていくらで売れるんだろう?
②ディーラーで提示された金額が思ったより安かった…
③せっかく売るんだから一番高く買い取ってほしい!

このような悩みを解決するには全国150社以上と提携していて最大10社もの買取査定額を無料で比較検証できる【ズバット車買取比較】がおすすめです。

車種にもよりますが一般的な車屋の下取りよりも50万円以上高く売れることもあり、あなたの愛車の最高額を知ることができます。

\今なら10万円プレゼントキャンペーン実施中です!/

愛車の最高価格が分かる♪