カスタマイズ

スイフトスポーツにハンドルカバー装着したら手触り抜群だった!

どうもどうも!

ぐんぐん寒くなってきましたね。

今回紹介するのは運転中に最も手に触れるあのインテリアパーツです!

 

 

運転するときに最も触れるのは・・・?

 

最初に言ってしまうと、今回紹介するのは

 

ハンドルカバー

 

です!

 

スイフトスポーツ(ZC33S)の純正ハンドルは所謂「D型」と言われるタイプでハンドル全体が真ん丸ではなく、ハンドルの下側が平らになっているハンドルタイプです。

 

スイフトスポーツ(ZC33S)のハンドルは純正状態だと少し細くて長距離走行したりすると若干疲れるのが難点です。(モチロン個人的な感想です。)

 

あとスポーツカーって往々にして太いハンドルの方が微妙なステアリング操作ができるので操縦性の向上も期待できます。

 

 

D型ハンドルに対応したハンドルカバーはいくつかあるのですが、デザイン重視だったり安い物だとハンドルへのフィッティングが悪くカパカパするんですよね。

 

そこで私が重要視するのは

  1. ハンドルへのフィッティングがキツめなこと
  2. デザインがラグジュアリーではなくスポーティーなこと
  3. 内装とのマッチングがあること

の三点です。

デザインも大事ですが、最重要ポイントはハンドルにつける物なので安全であることです。

 

色々調べた結果私が選んだのはSPARCO(スパルコ)の「ステアリングカバーDシェイプ」です。

モータースポーツメーカーSPARCO(スパルコ)のハンドルカバー

ハンドルカバーなんて形だけ作ろうと思えば自動車関連メーカー以外でも余裕で作れます。

しかし形だけ真似ても単に危険な物でしかなくなります。そういったハンドルカバーは調べれば調べるほど出てきます。

 

何度も述べますがハンドルって車の中でも最重要パーツといっても過言ではない物なので信頼のおけるメーカーの物じゃないとダメです。

 

その点SPARCO(スパルコ)はモータースポーツ関連用品を手掛けてきた長い歴史のあるメーカーですから信頼がおけます。

 

前置きはさて置き、そんなスパルコのステアリングカバーDシェイプをスイフトスポーツ(ZC33S)に取り付けたのがコチラです!

 

 

凄くイイ!

 

 

写真では普通のハンドルカバーにしか見えないかもしれませんが

 

 

私が最重要視していた「ハンドルへのフィッティング」がもうこれ以上ないほどガッチリバッチリです!

 

取り付けに若干苦労するほどキッツキツです(笑)

ズラそうとしても全くズレません。

 

太さは力を入れやすい太さでとてもステアリング操作しやすくなりました。

また手触りも9時15分の位置にスエードがあしらわれていて、手触りがサラサラしててかつ握りやすく夏場に運転していてもとっても快適です!

さらに純正のハンドルはピアノブラック部分があって指紋が目立っていたのが目立たなくなったのもよかったです。

 

ハンドルカバーを探してるスイフトスポーツ(ZC33S)のオーナーの方は是非、訳の分からんメーカーの危険なハンドルカバーなんて使わず信頼感バッチリのメーカーSPARCO(スパルコ)のハンドルカバーで安全にカスタムしたいですね。

 

あなたの愛車の値段を調べてみませんか?

①今乗ってる車っていくらで売れるんだろう?
②ディーラーで提示された金額が思ったより安かった…
③せっかく売るんだから一番高く買い取ってほしい!

このような悩みを解決するには全国150社以上と提携していて最大10社もの買取査定額を無料で比較検証できる【ズバット車買取比較】がおすすめです。

車種にもよりますが一般的な車屋の下取りよりも50万円以上高く売れることもあり、あなたの愛車の最高額を知ることができます。

\今なら10万円プレゼントキャンペーン実施中です!/

愛車の最高価格が分かる♪