スイフトスポーツ

スイフトスポーツの4WDモデルは登場するのか?メリットデメリットは?

この記事は?

スイフトスポーツ(ZC33S)の4WDモデルについて書いています。発売の可能性や発売した場合の性能等を予想しています。

スイフトスポーツ(ZC33S)の4WDモデルは登場するのか?

どうもどうも!

今日は一日峠道走り回っていましたが、前回取り付けたタワーバー良い感じでしたよ。

スイフトスポーツ(ZC33S)にクスコのタワーバーを取り付け!取り付け方と効果の評価念願のボディ補強アイテムを手に入れたぞ! どうもどうも! ボーナスが入ったのでずっと欲しかったアレを手に入れまし...

しかしタワーバーを付けたことによってフロントの接地感が高まり、結果的に更なるトラクションが欲しくなってしまいました(笑)
そんな時にふと思い出したのですが、スイフトスポーツ(ZC33S)には4WDが設定されるかもしれないって噂ありましたよね?

あれってどうなったのでしょう?

ローダウンしたりボディ剛性高めたりする内に「確かに後輪も駆動してくれたほうが更に面白そうだな!」と感じますが、一方で駆動方式が変わると車自体のバランスも変わるのでそのあたりはどうなんだろう?とも思います。

ですので少し調べてみました。

スイフトスポーツ(ZC33S)を4WDにするメリットは?

仮にスイフトスポーツ(ZC33S)の4WDモデルが発売された場合のメリットですが、以下のようなポイントが挙げられると思います。

 

  1. 4輪駆動によるトラクションの向上
  2. 1.による更なるハイパワー化の実現
  3. 後輪駆動ベース4WDにすることで縦置きエンジンも視野に入る

 

個人的にはこのようなメリットがあると思います。

 

1.輪駆動によるトラクションの向上

言わずもがなタイヤが4つ駆動することによってトラクション、つまり地面を捉える力が向上します。

 

2.1.による更なるハイパワー化の実現

1.によってトラクションが向上するので更に大パワーのエンジンを積んでも走行することができます。FFのままだと空転するだけですからね。

 

3.後輪駆動ベース4WDにすることで縦置きエンジンも視野に入る

ちょっと妄想っぽいですが「FRベースの4WDにすることでエンジンを縦置きすることができて更なる走行性能が得られるのでは…」なんて思っちゃったので入れました(笑)

スイフトスポーツ(ZC33S)を4WDにするデメリットは?

当然メリットがあればデメリットも存在するはずです。
私が思うスイフトスポーツ(ZC33S)を4WD化するデメリットは以下のようなポイントだと思います。

 

  1. 車体重量が増える
  2. 価格が高くなる
  3. 室内が狭くなる
  4. 車体がデカくなるかも

 

デメリットとしてはこのあたりかな…?

 

1.車体重量が増える

恐らくスイフトスポーツ(ZC33S)を4WD化する上で最も大きなデメリットかと思います。
例えば4WDモデルと2WDモデルの両方が設定されている通常のスイフト(素イフト)のハイブリッドRSの場合ですと4WDと2WDの重量差は60㎏もあります。
60kgというと大人の男性一人分くらいです。軽快感を売りにしているスイフトスポーツで軽快感を捨てるべきなのか否か…無視はできないポイントです。

 

2.価格が高くなる

当然ですね。価格がウリのスイフトスポーツとはいえハイエンドモデルの価格が上がるのは当然なのでデメリットとは言えないかもしれませんが。

もし4WDモデルが設定されれば予想では250万~300万円程度になるかと思います。つまり乗り出し300万円~350万円程度です。

 

3.室内が狭くなる

主に後部座席やラゲッジスペースが犠牲になるでしょう。まぁどのような4WDシステムが採用されるかわかりませんが狭くなるのは必然です。実用的なスポーツカーであることも売りのスイフトスポーツが実用性を捨てていいものか…うーん。

 

4.車体がデカくなるかも

もしスイフトスポーツ(ZC33S)が4WD化されるとしたら【エスクード】の4WDシステムが搭載されるような気がするんですよね。丸々移植は無理にしても若干コンパクトにして載せてくるでしょう。

そうなるとスイフトスポーツのコンパクトな車体のまんまではとても搭載できません。ですので4WDモデル専用のボディが必要になると思います。
スイフトスポーツ(ZC33S)で5ナンバーから3ナンバーになり若干批判されたのに更にデカいボディになっちゃうとスイフトスポーツファンは離れるかもしれないですね。

 

 

結論:スイフトスポーツ(ZC33S)に4WDモデルは必要無いし登場もしない

結論から言ってしまうとスイフトスポーツに4WDモデルは全く必要ないと思います。そしてSUZUKIも発売することは無いでしょう。
4WD化することによって車としてのポテンシャルが上がることは間違いありませんが、「それスイフトスポーツでやる必要ある?」となってしまう可能性がかなり大きいです。

 

なぜなら4WD化することによって発生するデメリットがスイフトスポーツの良さを全てスポイルしてしまうからです。

 

スイフトスポーツに求められることはあくまで「安価で」「軽快に」「程よい」性能を有している事です。

もし更なる性能が欲しければオーナー自ら手を加えればいいのです。ベースグレードはあくまで最低限に抑えることが必要です。
そういった車であることが今までスイフトスポーツのファンやオーナーに支持されてきましたし、安易なハイパフォーマンス化はそういった支持を一気に失いかねません。

 

もし4WDモデルを発売するなら限定モデルで

私が述べたデメリットを考慮した上でSUZUKIが4WDを設定するとしたら個人的には限定モデルでの発売としてほしいですね。
そしてそのコストは全てスイフトスポーツのベースグレードに転嫁するのではなく限定モデルの価格に反映すべきです。

その場合は特別仕様車を中途半端にチューニングするのではなく値段など度外視して史上最強のスイフトスポーツを出してほしいですね(笑)

ハイパーレブ Vol.228 スズキ ・ スイフト No.9 (ニューズムック 車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイド)


≫スイフトスポーツのカスタマイズ記事一覧はこちら

あなたの愛車の値段を調べてみませんか?

①今乗ってる車っていくらで売れるんだろう?
②ディーラーで提示された金額が思ったより安かった…
③せっかく売るんだから一番高く買い取ってほしい!

このような悩みを解決するには全国150社以上と提携していて最大10社もの買取査定額を無料で比較検証できる【ズバット車買取比較】がおすすめです。

車種にもよりますが一般的な車屋の下取りよりも50万円以上高く売れることもあり、あなたの愛車の最高額を知ることができます。

\今なら10万円プレゼントキャンペーン実施中です!/

愛車の最高価格が分かる♪