スイフトスポーツ

スイフトスポーツはなぜハイオク仕様なのか?

スイフトスポーツにはなぜハイオクガソリンを入れなければいけないのか?

走りが最高に楽しいスイフトスポーツですが、使用燃料はプレミアムガソリン…いわゆる「ハイオクガソリン」となっています。

今までスポーツカーに乗ったことが無くて通常のレギュラー仕様の車しか乗ってこなかった人からすれば「そもそもなんでハイオクガソリンなんて必要なの?」「スイフトと大して形も変わらないしレギュラーでいいんじゃないの?」と考えてしまうかもしれませんが、スイフトスポーツにハイオクしか入れてはいけないのにはキチンとした理由があるのです。

そこでこの記事では

  • そもそもハイオクガソリンとはどういったガソリンか
  • スイフトスポーツのエンジンをハイオク仕様にした理由
  • スイフトスポーツにハイオクガソリンしか入れてはいけない理由

を解説していきたいと思います。

そもそもハイオクガソリンとはどういったガソリンか

そもそもなぜスイフトスポーツにハイオクガソリンを入れなければいけないのかを解説するにはまず、ハイオクガソリンとはどういったガソリンなのかを簡単にでも理解する必要があります。

ですので「ハイオクガソリンくらい常識だわ!」という人はこの項目は飛ばしてくださって結構です。

 

 

ハイオクガソリンとはガソリンの成分の一つである「オクタン価」が高い(ハイ)ガソリンのことを言います。

「オクタン価」とは簡単に言えばガソリンが勝手に燃えないでいてくれる性能を示す数値です。

「ガソリンはエンジン内で燃やす物だから燃えた方が良いんじゃないの?」と感じるかもしれませんがエンジンというのはシリンダーのピストン運動によって最適なタイミングで爆発を起こす事でスムーズに動力エネルギーを作り出すことができるのです。

しかしシリンダー内で勝手にガソリンが燃えてしまってはピストン運動が不規則になってしまいます。

 

この現象の事を「ノッキング」といいます。

 

ハイオクガソリンはこの「ノッキング」をおこしにくいガソリンなのです。

 

スイフトスポーツのエンジンをハイオク仕様にした理由

さて肝心のスイフトスポーツの話に入ります。

スイフトスポーツはそんなハイオクガソリンを使用する事を前提として設計されたエンジンが採用されているわけですが、ではいったい何の為に価格も高いハイオクガソリンを使うエンジンを使うのでしょうか?

 

答えは簡単で、ハイオク仕様にした方がよりパワーを出しやすいからです。

 

以上!

 

…ではあまりに不親切なのでもう少し掘り下げて説明します。(笑)

ハイオクガソリン仕様にするとエンジンパワーを引き出せる理由

基本的にガソリンというのは空気と混ぜて霧状にし、ピストンによって強く圧縮した状態にした上で点火すると大きなエネルギーを生み出すことができます。そして強く圧縮すればするほどガソリンは大きな爆発力を伴って更なるエネルギーを生み出すことができるのです。

しかしガソリンと空気を混ぜた気体「混合気」は圧縮すればするほど勝手に爆発(ノッキング)してしまう性質も持ち合わせているので、やたらめったら圧縮するわけにもいきません。

エンジンというのは一定のタイミングを保ち続けてエネルギーを生み出しているのでノッキングしてしまうと生みだすことのできるエネルギー量にロスが出てしまって大きなパワーを得ることができなくなってしまいます。

 

ここまで話せばもう察しはつくと思いますが、ハイオクガソリンを使用することでこの「圧縮比」をレギュラーガソリンに比べて高めに設定することができるのです。

 

つまりハイオクガソリンを使用する事を前提にすれば圧縮比が高い=出力の高いエンジンにすることができるわけです。

 

これがハイオクガソリン仕様にするとエンジンパワーを大きくすることができる理由です。

 

新型スイフトスポーツのエンジン【K14C】の圧縮比は意外と高くない

余談ですがスイフトスポーツのエンジン【K14C】は直噴ターボのハイオク仕様にも関わらず圧縮比は「9.9」と一般的なダウンサイジングターボエンジンとさして変わりはありません。

実はこれは低回転域での「実用トルク」を稼ぐ為です。

圧縮比を低めに設定することで、ノッキングが発生した際にECUの制御によってスパークプラグが点火するタイミングを遅らせる「点火遅角」を最小限に抑えることで低回転域でのトルクをアップさせることができます。

つまり圧縮比が高すぎると低回転域でノッキングが頻発してしまってECUの制御が入り、乗りにくいエンジンとなってしまうってことです。

エンジン開発はこのあたりのバランスを取るのが非常に難しく、このバランスによって車の性格が概ね決まってしまいますので非常に悩ましいポイントです。

 

スイフトスポーツは圧縮比を高めてピークパワーを限界まで求めるよりも普段乗りでも使いやすいエンジンとしたかったようですね。

スイフトスポーツのすべて

スイフトスポーツにハイオクガソリンしか入れてはいけない理由

ここまで読んで頂ければ、スイフトスポーツにハイオクガソリンが採用された理由は分かって頂けたかと思います。ぶっちゃけそれを理解して頂いていたらこの項目での解説は不要にも思えますが一応。(笑)

 

なぜハイオク仕様のスイフトスポーツには「ハイオクガソリン」を入れなければいけないのか?

 

「そう設計されているからです。」

 

もうこれしか言いようがありません(笑)

点火時期をシビアに設計してあるハイオクガソリン仕様車にノッキングの起こりやすいレギュラーガソリンを入れたらノッキングだらけでロクにエンジンのポテンシャルを引き出すことはできません。

 

例えばですが

車体にボルトのネジ穴が切ってあればそのボルトのネジ穴に合うボルトを使おうと思いますよね?純正のホイールが5つ穴が空いていればスタッドレス用のホイールも5つ穴の空いたホイールを使おうと思いますよね?純正フォグライトのバルブ形状が「H11」ならば球切れした際に「H11」のバルブを使おうと思いますよね?

 

それは何故か?

 

「そう設計されているからです。」

クルマはかくして作られる

結論:スイフトスポーツはハイオク仕様でなくてはいけない

スイフトスポーツはスポーツカーだけあってノーマルのスイフトとしっかりと差別化されていなければなりません。スポーツカーの醍醐味と言えばやはりそのパワフルなエンジンです。

またスイフトスポーツのようなスペシャリティな車は差別化もされていなければいけません、特にスイフトスポーツはエンジンを同じスズキの車である【エスクード】と共用しているだけに丸々移植してしまってはスイフトスポーツの特別感が薄れてしまいます。

だからこそエスクードに搭載しているエンジンを更にチューニングしなければいけないのですがハイオク仕様にしないままでチューニングしても性能アップ量はタカが知れています。

 

少しまとまりが無くなってしまいましたが、つまりは以下のようなことを言いたいわけです。

  1. SUZUKIにとってスイフトスポーツは特別な車
  2. パワーも欲しいしSUZUKIの他車と差別化もしたい
  3. レギュラーガソリン仕様では限界がある
  4. だからハイオク仕様にした

ということですね。

 

スイフトスポーツはスイフトスポーツであるためにハイオク仕様でなくてはいけないわけです。

 

【無料】自分の車が今いくらで売れるのか調べてみる

あなたの愛車の値段を調べてみませんか?

 

①今乗ってる車っていくらで売れるんだろう?
②ディーラーで提示された金額が思ったより安かった…
③せっかく売るんだから一番高く買い取ってほしい!

 

このような悩みを解決するには厳選した8社もの大手買い取りメーカー同士を競合させて買取査定額を無料で比較検証できる【ズバット車買取比較】がおすすめです。

車種にもよりますが一般的な車屋の下取りよりも実に30万円以上も高く売れることがあります。

もちろん査定をしたからといって売らなければいけないなどという事は全くありません。あくまで「自分の愛車って今いくらなんだろう?」程度の気軽なものでOKです。

是非一度自分の愛車の「現在の相場」を調べてみましょう。きっと驚く結果を知ることができますよ。

【無料】愛車の値段を調べる