スイフトスポーツ

低収入な20歳代でもスイフトスポーツ等のスポーツカーは購入し維持できる?

この記事は?

実際に低年収の20歳代男性が色んな車に乗り換えてきた経験から
お金の面でのアドバイスをする記事です。
今回は少し難し目で真面目な話です(笑)

 

若くて低年収でもスポーツカーは買える?

どうもどうも!

今年も残す所あと半月ほどとなり、寒さも本格的になってきましたね。
そして気温もそうですが年末年始は何かと入用ですしお財布の方も寒くなってきます…(笑)

そこで今回は私も悩んでいた事の一つである「若くて収入が少ない状態でスポーツカーを買うべきか否か」について記事を書きたいと思います。
もちろん若くなくても、収入が低くて迷っている方にもオススメできる記事となっております。

「若くてイケメンで年収1億だけど」…ってクソ野郎ナイスガイにはあまり参考にならない記事かと思います(笑)

 

スポーツカーの維持は金がかかる

まず本題に入る前に前提条件(事実?)として【スポーツカー】ってのは金がかかります。そもそも車の性能の高さとは工業製品として性能が高い次元にあるから得られるものですので当たり前です。

例えば多機能で快適な豪邸を買おうとしたら購入代金も高いですし維持費もかかることは分かりますよね?基本的にはそれと同じです。

とは言え一概に【スポーツカー】と言ってもピンキリです。

例えばフェラーリやランボルギーニのような超ハイパフォーマンスなハイクラスから

メルセデスベンツAMGシリーズやBMWのMシリーズや日産GT-Rのようなアッパーミドルクラス

シビックtype-RやインプレッサWRXのようなミドルクラス

そしてスイフトスポーツやノートNISMOのようなエントリークラス

まで様々です。

 

そして私達が買う(買った)スイフトスポーツ(ZC33S)はモチロン最も維持費や購入費の安いエントリークラスとなります。

スイフトスポーツ(ZC33S)の維持費はコンパクトカーと大差無し

さて本題ですが結論から言うとスイフトスポーツ(ZC33S)の維持費なんてタカが知れてます(笑)

 

ぶっちゃけ普通のコンパクトカー+α程度でしかありません。

詳しい維持費はこちらの記事に書いていますので参考にしてください。

スイフトスポーツの年間維持費は?実際に乗ってみた結果!一覧表も有スイフトスポーツの維持費って高いの?安いの? ...

ですので今現在コンパクトカーを余裕で維持できている人はスイフトスポーツ(ZC33S)に乗り換えても余裕で維持できます。安心してください。

コンパクトカーすら維持するのが辛い若者達

とはいえ私も含めた最近の若者の貧困ぶりは半端じゃありません。特に給与からの控除額が多すぎて年収に対して使えるお金が少なすぎるんですよね。

ですので正直普通のコンパクトカーでも維持は結構キツいと思います。
それ「+α」となるともう無理…

 

給料を全部車につぎ込めば維持はできますが将来の事を考えた場合とてもそんな事は出来ないはずです(笑)それこそ嫁さんに〇されてしまいます…(;’∀’)

 

ちなみに私も低年収…ぶっちゃけて言ってしまうと税引き前年収で300万円あるかないかです(笑)
なので本来スイフトスポーツ(ZC33S)の維持は結構辛いです。

 

しかも結婚もして奥さんも専業主婦ですから尚更家計に負担はかけられません。将来子供が産まれた時の為に貯金もしていかなければなりません。
でも私のブログを読んでいると分かると思いますがパーツ買いまくってますよね。

「金無いくせになんでそんなにパーツ買えてんだよ」って思うかと思います。

 

実は私は会社からの年収こそ低いですが副収入があります。

若者は会社員収入だけでスポーツカーを購入するのは無理

私が勤めている企業は従業員数3000人程度の中小企業です。(くくりで言うと大企業らしいのですが私は認めません(笑))

 

そんな中程度の企業でも年収は300万円ぽっちです。

 

正直年収300万円だと普通の生活をしながら、余裕を持って買える車はSUZUKIアルトのベースグレードくらいです。
実際私が副業を始める前(20か21歳くらいの時)に乗っていたのは13年落ち10万キロ超えのダイハツムーヴでした。その価格なんと20万円の車です(笑)

それでも初めて持った車の維持費にヒーヒー言いながら維持してました。

 

その頃から年収は大して上がっていませんので会社給与から車にかけられるお金というのは、今現在も13年落ち10万キロ超え軽自動車が維持できる程度しかありません(笑)

 

しかし今は一軒家も立てられましたし、嫁さんにも何不自由ない生活を送らせてあげることができています。将来の為にかなりの額を貯蓄にも回せています。
若い内に色んなスポーツカーにも乗ってこられましたしね。

そしてなにより

今かなり余裕を持ってスイフトスポーツ(ZC33S)に乗れてる!

これが一番嬉しいです(笑)

 

ぶっちゃけ今の私は同世代の中でもかなり裕福な生活を送れていると思います。

私が22歳から始めた副業は

そんな低年収な私が行っている副業は3つあります。

私のような若い貧困層(ワーキングプア)の人たちにもスイフトスポーツ(ZC33S)に乗ったりゆとりのある人生を送ってほしいので共有しておきたいと思います。

 

  • FX投資
  • 株式投資

 

一つずつどういった物か紹介すると共に私がどのように稼いできたかも紹介していきます。

【22歳~24歳】FX投資で種銭を増やした

まずはFX投資です。

 

耳にしたことがある人もおられると思いますが、所謂「為替取引」です。
各国の通貨の価格差を利用して利益を挙げる金融取引です。

 

私が最初に稼いだのがFX投資でした。
今現在は後述する株式投資+会社給与がメイン収入源ですが、株式投資は少額の投資では増やせないので最初にFX投資で増やす必要があったのです。

 

取引に際して私はレバレッジは2倍~4倍までとしてロスカットを徹底して行い、コツコツ増やしていきました。この頃は車の趣味も我慢して如何に金を増やすかに注力していました。

ちなみに私が使っていたのはDMM.com証券でした。
DMMのサイトに口座開設までの手順やFXとはどういう物か等の説明がありますので詳しくはそちらを読んだほうが分かりやすいと思います。

【24歳~現在】株式投資でストック収入を得る

FX投資で作ったお金を使って次は株式投資を行いました。(今現在も)
この世の収入には大きく分けて【ストック収入】と【フロー収入】があるのですが、私は株式投資で【ストック収入】を作り続けています。

 

【ストック収入】とは継続して収入が入り続ける構造のことです。ちなみに労働は【フロー収入】です。

 

そしてそのストック収入を使って更に株式投資を行い、今現在もどんどんストック収入を増やしています。
例えば私の場合ですと今現在でも既に会社員給与よりも少し多い程度の【ストック収入】があります。

つまり明日にでも仕事を辞めても生活は全然できます(笑)
ただそうするとストック収入が増やせないですし、スイフトスポーツ(ZC33S)の維持も辛くなるので今も働き続けています。

 

このまま株式投資を続けて、【ストック収入】が会社員給与の3倍になったら仕事を辞める予定をしていますが今は会社員給与と同等程度しかないので、まだまだ辞めません。

なお、株式投資はその性質上資産が増えるのに時間がかかるので若い内に始めることをおススメします。

私が使っている株式投資の口座は楽天証券です。
取引ツールが充実していますし大手証券取引会社なので安心感もあります。

 

【金がないから投資ができない】ではなく【金がないから投資をする】

 

日本は世界でも稀に見る貯金大好き民族です。

 

しかし銀行に貯金しているだけでは絶対に一生増えません。
例えば三菱UFJ銀行の普通預金金利は0.010%となっていますので1000万円預けていても、1年で1万円しかもらえません(笑)

 

こんな増え方では物価の上昇で全て消し飛んでしまいます。スポーツカーなんて夢のまた夢です。

金が唸るほどある大富豪ならそれでもいいのですが、私達庶民がそんなことをしていたら死ぬまで13年落ち10万キロの軽自動車しか買えません。

私達貧乏人こそ投資をしなければいけないのです。

 

…とまぁどうでしたか?(笑)

いつもふざけた記事ばっかり書いてますけど私も意外と色々工夫して生きているんです。

今回のぶっちゃけた記事が私と同じように貧困で苦しんでいる若者の役に立てば、とても嬉しいです。

あなたの愛車の値段を調べてみませんか?

①今乗ってる車っていくらで売れるんだろう?
②ディーラーで提示された金額が思ったより安かった…
③せっかく売るんだから一番高く買い取ってほしい!

このような悩みを解決するには全国150社以上と提携していて最大10社もの買取査定額を無料で比較検証できる【ズバット車買取比較】がおすすめです。

車種にもよりますが一般的な車屋の下取りよりも50万円以上高く売れることもあり、あなたの愛車の最高額を知ることができます。

\今なら10万円プレゼントキャンペーン実施中です!/

愛車の最高価格が分かる♪