スイフトスポーツ

スイスポをATで乗るかMTで乗るか?楽しみ方の違いを知るべし

スイフトスポーツはMTばかりもてはやされていますがATも素晴らしい車なんですよ!

スポーツカー=MT一択はもう時代遅れ

 

私の直近の車はATのSUVだったのですが、それ以前でいくつかMTモデルのスポーツカーに乗ってきました。

具体的な車種名を挙げると比較的新しい車では短期間ですがインプレッサ(GRB)、古い車では比較的長くシビック(EG6)に乗りました。

どんだけハッチバック好きなんだって感じですね(笑)

 

そんな車歴を持った私が今回選んだのがスイフトスポーツ(ZC33S)のATモデルです。

ニューモデル速報 No.559新型スイフト スポーツのすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報)

ゲームで言うとMT=オープンワールドRPG

まず初めに断っておくとMTのスポーツカーは文句無しで最高に楽しいです!

車を手足のように意のままに操る快感は何物にも代え難いものがあります。MTオーナーの皆さまなら「ワカルワカル!」と同意してもらえると思います(笑)

ATでは味わえない魅力がMTには沢山詰まっています。これは紛れもなく事実です。

 

なぜそんなに楽しいのか?

 

それは「自由である」という点が一番大きな理由かと思います。

シフトアップするのも自由、しないも自由。クラッチの繋ぎ方も自分の左足次第。etc…

とにかく車の挙動全てがドライバーの手足に委ねられています。

 

その自由奔放さが「MTスポーツカー」の楽しみです。

 

RPGゲームで例えるとMT車はスカイリムやフォールアウト、ウィッチャー3のようなオープンワールドゲームなんだと思います(笑)

 

サブクエストをするのもメインクエストをするのもモンスターをひたすら狩るのもプレイヤー次第。

 

なんかMT車の運転に似てますよね。

 

 

「MT車をそんなベタ褒めして…じゃぁスポーツカーはMTじゃないと楽しめないのかよ!?」と問われると「NO!」と即答します!

 

MTと比べるとATは、こと自由度という面で見れば不自由であるというのは事実です。

私の愛車のスイフトスポーツ(ZC33S)で例を挙げると…

  • DモードでもMモードでも勝手にシフトアップシフトダウンする
  • クラッチ操作ができないので繊細な車の操作がしにくい
  • 意図的にエンジンブレーキを使いにくいので車速の調整がしにくい
  • etc…

元MT車のオーナーがAT車に乗った時に感じることは概ねこのような点が多いかと思います。

 

何を隠そう私もこのように感じてそれらを「デメリット」として捉えていました。

 

しかし実際にATスポーツカーを購入所有して乗り続けてみた結果「私の頭が硬かっただけ」だということに気が付いてしまったのです(笑)

 

そもそもMT車とAT車は楽しみ方が違う

私が上記で挙げた所謂「デメリット」は言い換えれば「MT車でできるのにAT車でできないこと」を羅列しただけのことです。

そもそもAT車とMT車ほど構造が違う物を「どちらかができてどちらかができない」等という物差しで測るのは間違っているのです。

 

私がATスポーツカーに乗っていて楽しくなったのはMT車の基準で「AT車じゃできない事」と捉えるのではなく「AT車という決められたルールの中で試行錯誤する」と考えるようになってからドンドン楽しくなってきました!

 

ATスポーツカーに乗り換えてから暫くは

「なんでクラッチが無いんだよ」

とか

「あーもう勝手にシフトアップすんなよ!」

といったことばかり考えていました。

 

でもそんなこと考えたり思ったりしても「そもそも全く異なる構造の物」なんですから意味がないんですよね(笑)

クラッチが無いのはAT車だから当たり前、勝手にシフトアップするのはオートマプログラムが間に入っているから当たり前なんです。

 

私が思っていたことは魚屋で魚を買ったのに「肉の味がしない!これはダメな肉だ!」と魚を批判していたのと同じことでした(笑)

 

いやそもそも全く別物だから(笑)と。

 

じゃぁどうするか?

 

魚の味を楽しめばいいんですよ!

MT車がオープンワールドゲームならAT車はシュミレーションゲーム

AT車は各所がガッツリ電子制御されているため不自由であることは先に述べました。

しかし言い方を変えれば「しっかりとルールが決められている」ということなのです!

 

私は一か月に1000㎞ほど峠道だけを走行するのですが、その中でのことです。

 

例えばあるコーナー侵入の際に「Mモード2速で侵入して立ち上がりまで引っ張りたいのに3速にシフトアップしてしまう!MTならできるのに!」と愚痴るのではなく「この車はこのコーナーをMモード2速ではコーナリング中にシフトアップして挙動が乱れてしまうから、最初から三速で入って早めに姿勢を作ってアクセルを開けるようにしよう」

 

といった具合に車と道路に合わせた乗り方をするように心がけるようになってからはATスポーツカーの運転が滅茶苦茶楽しくなりました。

昨日はあのコーナーでスムーズじゃなかったから今日はスムーズに走れるようにやってみようってな具合に。(当たり前ですが法定速度は遵守しています)

 

私がそうとは決して言いませんが、運転の上手な人ってどんな車でも乗りこなせてしまうそうです。

それはAT車であろうとMT車であろうと存在する「車の特徴」を掴んで「その車に合わせた乗り方」ができるからです。

要は決められたルール(車)の中で最高のパフォーマンスを発揮するように考えるってことです。それってなんかゲームで言うとシュミレーションゲームみたいでカッコよくないですか?(笑)

 

MT車は自由に駆け回る楽しみを!

 

AT車は決められたルールの中で試行錯誤する楽しみを!

 

今まで「MT一択っしょ!」と考えられていたスポーツカーも徐々にそんな住み分けが進んでいくような気がしています。

そして私のような車好きとしては選択肢は増えれば増えるほど、それは大変に喜ばしいことなので大歓迎なのです!

ニューモデル速報 No.559新型スイフト スポーツのすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報)

あなたの愛車の値段を調べてみませんか?

①今乗ってる車っていくらで売れるんだろう?
②ディーラーで提示された金額が思ったより安かった…
③せっかく売るんだから一番高く買い取ってほしい!

このような悩みを解決するには全国150社以上と提携していて最大10社もの買取査定額を無料で比較検証できる【ズバット車買取比較】がおすすめです。

車種にもよりますが一般的な車屋の下取りよりも50万円以上高く売れることもあり、あなたの愛車の最高額を知ることができます。

\今なら10万円プレゼントキャンペーン実施中です!/

愛車の最高価格が分かる♪