86-ハチロク-

スイフトスポーツを買うか86を買うか。決め手は生活スタイルに有

次の車をスポーツカーにすることは決定したけど、最後にして最大の悩みである「車種」が決めきれない…。

スイフトスポーツにするのか86にするのか。皆はどうやって決めているんだろう?

 

私はスイフトスポーツ(ZC33S)のオーナーですがトヨタ86も大好きな車です。ですのでこのように悩まれる方の気持ちも痛いほど分かります。
そこで今回はスイフトスポーツのオーナーであるということは可能な限り頭から抜いて客観的な観点からこの二台を比較検討してみたいと思います。

 

スイスポにするのか86にするのか…。決め手は生活スタイルにあり

スイスポと86…実はこの二台は良く比べられたりしますが共通点は余りありません。しかし比べられるのには訳があります。

それはやはり購入層が被っているからです。

今現在国産車の本格的にスポーツできる車で、かつ若者が買えるレベルの車と言えばこの二台くらいしかありません。スポーティーな外装になっている車は結構あるんですけどね。。

 

ではなぜ価格もボディタイプも車のタイプも全く違うのに同じような客層に支持され購入層が被っているのか?
スイフトスポーツが選ばれる理由と86が選ばれる理由をそれぞれピックアップして、そのあたりを掘り下げていきます。

 

割と本音で書きますので両方のオーナー様は気分を害される可能性があります。お気を付けください。

 

86よりスイフトスポーツが選ばれる理由

86と比べてスイフトスポーツを選ぶ人は以下の3つの内のどれかに惹かれて購入しています。もしくは全部に惹かれた場合もあるでしょう。

  1. 「価格」
  2. 「エンジントルク」
  3. ユーティリティ(便利さ)

一つずつ説明していきます。

スイスポが86に対して優位なポイント①:【価格】

86の価格はエントリーモデルの「G」ですら262万円とスイフトスポーツの1.5倍近くもします。しかもスイフトスポーツのベースグレードは実質装備全部載せグレードであるのに対して86のベースグレードは…なんというか価格に対してショボいです(失礼)

もちろん競技車両用のベースグレードなのは分かっていますが本当に最低限の物しか付いていません。例えばスポーツカーの代名詞とも言えるマフラー等は細いパイプが奥の方に慎ましく存在するのみです。

スポーツカーに乗っているのにこのマフラーはあり得ません。まぁ交換前提なのでしょうが、交換するとなれば金がかかりますのでやはり車両価格は高くなります。まぁまだ交換できるポイントはいいでしょう。「好みに仕上げられる」とも言えますから。

 

昭和じゃないんだからこのエアコンは無しでしょう…。86のベースグレードは本当に競技用のグレードで日常的に使うにはあまりにもゲンナリする内装です。

86「G」のエアコン
86「G」の内装

となると実質的に86で選ばれるのはもう少し上のグレードになります。86を購入するユーザー全員がサーキット走行する為に買う訳じゃありませんからね。

個人的に全てのグレードの中で最もコスパに優れていると感じたのは「GT」のMT仕様です。このグレードならば内装はこのようにカッコイイですし日常的に乗る分にも所有欲を満たしてくれて満足感が高そうです。

実際トヨタのホームページでも人気№1はこの「GT」です。

86「GT」の内装

 

ただ日常的に使えて86のグレードの中では最もコスパの良さそうな「GT」ですがお値段がベースグレードの「G」と比べて更に36万円も上がって298万円になります…。

引退世代が退職金を使って買う分にはいいのですが、若者世代の300万円というと非常に大金です。

ですのでこの項目では「頑張って「GT」を買うよりもスイフトスポーツを買ってパーツを100万円分買いまくった方が満足感が高い」そう感じる人が86よりスイフトスポーツを選びます。

 

スイスポが86に対して優位なポイント②:【エンジントルク】

スイフトスポーツのK14C型エンジンはピークパワーこそ140馬力と控えめですがエンジントルクは86を遥かに凌ぐ23.4kgmものトルクを発生します。(86は21.6kgm)

しかもその太いトルクを載せているのが86よりも450キロも軽いスイフトスポーツなのですからその加速感は比較になりません。
車重をトルクで割ったトルクウェイトレシオを見てもその差は歴然です。(数値の小さい方がより加速感が高い…ギア比によってかなり変わるのも事実ですが笑)

スイフトスポーツ(ZC33S) トヨタ86
車両重量 990kg 1450kg
トルクウェイトレシオ 41.3kg/kgm(970kg/23.5kgm) 59.8kg/kgm(1250kg/20.9kgm)

 

86よりも100万円も安いのに86よりも出足が鋭い…これは十分購入検討に値する要素と言えるでしょう。

 

スイスポが86に対して優位なポイント③:【ユーティリティ(利便性)】

最後はもちろんユーティリティ面です。86はロー&ワイドなクーペボディをしていてドアが二つしかありませんので使い勝手としては極悪の部類です(;’∀’)

スイフトスポーツよりデカイボディなのにイケアに言っても棚一つ持ち帰ることができません。彼女と旅行にいくのも一苦労です。子供が産まれようものなら下取り査定されていることでしょう…。というのは冗談ですがそれぐらいクーペボディというのは使い勝手が悪いのです。

その点スイフトスポーツはベースがコンパクトカーですのでユーティリティ面はバッチリです。フロント二脚のセミバケットシートがデカくて圧迫感はあるものの86に比べればずっとユーティリティ面では優れています。

走りは捨てたくないけど便利さも捨てたくない(捨てられない)という場合にスイフトスポーツの方が選ばれます。

 

スイフトスポーツより86が選ばれる理由

ではお次は86が選ばれる理由を探っていきましょう。自分の愛車をディスることになるかと思うとキーボードを打つ手が震えます。

スイフトスポーツと比べて86を選ぶ人は以下の3つの内のどれかに惹かれて購入しています。もしくは全部に惹かれた場合もあるでしょう。

  • 美しいクーペボディ
  • FRレイアウトの駆動方式
  • 低重心なボクサーエンジン
  • NAエンジンの楽しさ

こちらも一つずつ説明していきます。

86がスイスポに対して優位なポイント①:【美しいクーペボディ】

86といえばやっぱり低重心なクーペボディでしょう。まさに「走る車」という事を前面に押し出した外見をしていて峠道等ですれ違う度に「雰囲気あるなぁ!」と惚れ惚れしてしまいます。

車を最も美しく見せることができるボディタイプがクーペですので、やはりこのポイントはスポーツカー好きの一種の憧れと言っても過言ではありません。スイフトスポーツはどちらかと言えば丸いボディですのでどうしても「スポーツカー」って感じは86に比べると薄いですからね…。

外見は所有欲を大いに満たしてくれるものですので、クーペだというだけでもスイフトスポーツより86を選ぶ価値大いにありです。

 

86がスイスポに対して優位なポイント②:【FRレイアウトの駆動方式】

 

86は今時珍しく後輪駆動(FR)のスポーツカーです。昔は大排気量の車はFRじゃないとトラクションがかからなかったのでFR車が多かったのですが近年は技術の進歩により300馬力のFFなんかでも出てきてトラクション問題はバッチリOKになりました。その結果直進安定性や安全性、室内空間や製造コストに劣るFRはその数をドンドン減らしてしまいました。

しかしFRはドライビングの楽しさという面では唯一無二の物を持っています。それはやはり「ハンドリングの良さ」です。FF車と違い後輪が駆動するので前輪に重量物が少なくハンドル操作が軽快です。

さらにFR車に乗った事のある人ならば分かると思いますがFR車は加速時に「後ろから押される感覚」を味わうことができます。スポーツ走行する時は「ドライバーをその気に」させることも大事な要素の一つです。

そんなワクワクドキドキ感を与えてくれるFR車は良い選択となるでしょう。

 

86がスイスポに対して優位なポイント③:【低重心なボクサーエンジン】

スポーツカーの醍醐味はコーナリング中にあります。スポーツカー特有の路面に張り付くように「スイーッ」と曲がっていくあの感覚は得も言えぬ快感があります。

そんな大事なコーナリング性能をスポーツカーが実現できるのは足回りの完成度の高さもありますが何よりも「重心が低い」ことにあります。普段ミニバンなどに乗っている人がスポーツカーに乗るとまるで地面スレスレに座っているような感覚になるでしょう。

それぐらいスポーツカーの重心は低くなっているのです。

86も例に漏れず重心がかなり低くなっているのですが、86のエンジンが更に低重心を加速させています。86のエンジンはSUBARUの「ボクサーエンジン」であることは有名ですがボクサーエンジンの最大の武器はエンジン自体の重心の低さにあります。

車を構成するパーツの中でエンジンが最も重く大きいので、そのエンジンが少しでも下側に置かれるメリット測りれないものがあります。

86の低重心クーペボディにSUBARUの低重心エンジンの組み合わせ…考えるだけでワクワクします。

 

86がスイスポに対して優位なポイント④:【NAエンジンの楽しさ】

スポーツカーのエンジンは賛否両論ありますが私は今でも「自然吸気エンジン」つまりNAエンジンが大好物です。

現代のスポーツカーは環境対応が難しくなっていることやパワーを引き出しやすいことから「ダウンサイジングターボ」が主流です。スイフトスポーツも現行からダウンサイジングターボになりましたしね。

しかし自分のアクセルにリニアに反応してくれる感じやエンジンブレーキの効きの良さ、そしてなにより高回転まで回りドライバーをその気にさせてくれる等スポーツ走行する上で外せない要素がたっぷりと詰まっています。

「NAエンジンスポーツカーである」これだけでも86を選ぶ理由になります。

 

結局スイフトスポーツか86どっちにする?

じゃぁ結局どっちの方がオススメかと聞かれれば私は「生活スタイルを振り返ってみて利便性と割高さが許容できるなら86を、利便性や価格を優先してアフターパーツで楽しみたいならスイフトスポーツをおススメします。」と答えます。

やはりクーペスポーツカーに憧れる気持ちはありますしFRというのも魅力的です。もし生活環境が許されるならば乗ります。

ただ現在スイフトスポーツを乗り回していますので、無い物ねだりなのかもしれませんがね(笑)今でもスイフトスポーツの弾けるような加速感は病みつきになる気持ちよさですしね。

まぁどちらを選んでも楽しいドライブライフが待っていることは補償します!

≫スイフトスポーツと86の新車を見積もりしてみる

あなたの愛車の値段を調べてみませんか?

①今乗ってる車っていくらで売れるんだろう?
②ディーラーで提示された金額が思ったより安かった…
③せっかく売るんだから一番高く買い取ってほしい!

このような悩みを解決するには全国150社以上と提携していて最大10社もの買取査定額を無料で比較検証できる【ズバット車買取比較】がおすすめです。

車種にもよりますが一般的な車屋の下取りよりも50万円以上高く売れることもあり、あなたの愛車の最高額を知ることができます。

\今なら10万円プレゼントキャンペーン実施中です!/

愛車の最高価格が分かる♪