スイフトスポーツ

新型スイフトスポーツの高速道路での安定性や運転のしやすさは?

スイフトスポーツの高速道路での快適性は?

かっとびボーイズレーサーとして大人気なのがスズキスイフトスポーツです。走りも良くて5人乗れて荷物も一杯積める…しかも180万円スタートという驚きのバーゲンプライスまで持ち合わせています。

そんなスイフトスポーツを購入したら山道やサーキットなどの「コーナー」を走ることに楽しみを見出す人が多いかとは思いますが、せっかく便利な室内空間も持ち合わせているスイフトスポーツ、どうせなら皆で楽しく遠出なんかもしたいですよね。

そこで利用することになるのが「高速道路」です。

車によっては高速道路で長距離を移動すると非常に疲れるものもありますが、新型スイフトスポーツはどうでしょうか?

新型スイフトスポーツのオーナーである私が1年間乗ってみて高速道路を利用して感じたことをお伝えしたいと思います。

スイフトスポーツは高速道路が苦手?

あくまで個人的な感想ではありますが結論から申し上げますとスイフトスポーツは高速道路が「若干苦手」だと感じています。

その理由はいくつかありますが大きな理由は以下の通りです。

  1. ホイールベースの短さゆえの直進安定性の悪さ
  2. スポーツタイヤによるロードノイズ
  3. 目線の低さ

一つずつ分かりやすく解説していきます。

 

ホイールベースの短さゆえの直進安定性の悪さ

高速道路でドライバーを疲労させる要因の一つとして「真っすぐ走らない」ということが挙げられます。もちろん故障した車の事を言っているのではなく真っすぐ走り続ける為には常にドライバーが細かくハンドル操作をしなければいけない車のことです。

スイフトスポーツは横幅こそ3ナンバーとなっていますが全長自体は一般的なコンパクトカーと変わらない、もしくは若干短いくらいですので高速道路の長距離走行で重要な「直進安定性」という面では不利な条件を持っています。

私は以前某社のミドルクラスSUVに乗っていたのですがスイフトスポーツに乗り換えてからは明らかに真っすぐ走り続ける時のハンドルの微調整が増えていると感じています。

スポーツタイヤによるロードノイズ

年配の方と話しているときに「昔の軽自動車で高速道路を走ると疲れる」といった話を聞いたことがありませんか?

その話は事実でして主な要因としては「騒音」が非常に大きいからなんです。数百キロも移動するときに永遠と雑音を聞かされ続ければ疲れることは想像しやすいですよね。

昔の軽自動車は遮音材はケチられていたしエンジンも非力なので常に高回転回っていました。つまりあちらこちらから騒音を発していたわけですね。これが「軽自動車は高速道路を走ると疲れる」という話が出始めた原因です。

 

さて肝心のスイフトスポーツですが、スイフトスポーツは純正で「コンチネンタルコンチスポーツ5」という、そこそこハイグリップなスポーツタイヤを履いています。

ワインディングなどの曲がりくねった道を走る時には非常に力強い相棒となってくれるのですが、こと高速道路となると話は変わってしまいます。一般的な低燃費タイヤと違って転がり抵抗の非常に高いスポーツタイヤは大きなロードノイズを発生してしまいます。

つまりスイフトスポーツは非常にロードノイズが大きいのです。

高速道路では騒音は少しでも少ない方が疲れませんのでそういった意味で高速道路での長距離移動は苦手と言えるでしょう。

 

目線の高さが低い

スイフトスポーツは純正状態でもアイポイント(目線の高さ)が比較的低いです。

もちろん平べったいスポーツカーなどに比べればまだまだ高い方なのですが近年人気の車はミニバン、SUV、軽ハイトワゴンなどアイポイントが高い車ばかりなのです。

高速道路を長距離移動する上で目線の高さというのは非常に重要です。

目線が高い位置にあれば道路の先で起こっていることを早め早めに知ることができるので余裕を持って運転することができます。車線変更などのタイミングも取りやすいので疲労感は抑えられます。しかし目線が低い位置にあると目線が高い車と比べて道路状況を知ることができるタイミングが遅くなってしまうので結果的に疲労感が高まってしまいます。

スポーツカーからスイフトスポーツに乗り換えた人などは特に気にならないでしょうが、SUVやミニバンなどアイポイントの高い車から乗り換える場合はスイフトスポーツで高速道路を長距離移動すると目線の低さから疲れてしまう事でしょう。

 

スイフトスポーツの高速道路性能まとめ

スポーツカーは本来真っすぐ走るのも「ビシッ」と走る物なのですがスイフトスポーツを始めとしたコンパクトスポーツカー、いわゆる「ホットハッチ」は曲がりくねった道の方が得意です。

ぶっちゃけ真っすぐ走り続けるのだけで言えば大型セダンや大型SUVの方が速くて安定していて快適です。

ただスイフトスポーツを買うのであれば求めるべきポイントはそこではありません。真っすぐ走るのは苦手でも、ひとたびハンドルを握り曲がりくねった山道を走ればそんな弱点はどうでもよくなってしまいます。

是非スイフトスポーツを購入検討されているのであれば直進安定性なんてものには目をつぶってやってください(笑)

その代わり極上の笑っちゃうくらいの楽しみをあなたにもたらしてくれるはずです。

 

え?すでにオーナーですって?

 

こんな記事読んでないで今すぐ峠に繰り出してください!

あなたの愛車の値段を調べてみませんか?

①今乗ってる車っていくらで売れるんだろう?
②ディーラーで提示された金額が思ったより安かった…
③せっかく売るんだから一番高く買い取ってほしい!

このような悩みを解決するには最大10社もの大手買い取りメーカー同士を競合させて買取査定額を無料で比較検証できる【楽天の無料愛車一括査定】がおすすめです。

車種にもよりますが一般的な車屋の下取りよりも30万円以上も高く売れることがあります。それに一括査定でありがちな「買い取り額を中々教えてくれない…」などということもなく、以下のフォームに基本情報を入力後すぐにあなたの愛車の最高額をお知らせしてくれます。

もちろん査定をしたからといって売らなければいけないなどという事は全くありません。あくまで「自分の愛車って今いくらなんだろう?」程度の気軽なものでOKです。

是非一度自分の愛車の「現在の相場」を調べてみましょう。きっと驚く結果を知ることができますよ。

【無料】愛車の相場を調べてみる